ノベルティメディア

MEDIA

サイト構造も重要な評価基準!SEOを意識したサイト構造とは

サイト構造も重要な評価基準!SEOを意識したサイト構造とは
久下まなみ
サイト構造も重要な評価基準!SEOを意識したサイト構造とは

こんにちは!千葉県船橋市のWeb制作会社ノベルティの久下です。

サイトの制作をご依頼いただく際に、「検索で上位に上がるようにしたい!」「SEOを意識したサイトにしてほしい!」というご要望をいただくことは多いです。

そこで今回は、検索エンジンの重要な評価基準でもあるサイト構造についてお話ししたいと思います。

検索エンジンがどのような部分を評価しているのか、SEOを意識したサイト構造のポイントについて解説してきますのでぜひご覧ください!

サイト構造も検索エンジンの重要な評価基準

サイト構造とは、サイト内のページを階層的に整理したものです。サイト構造は、ユーザーの利便性や検索エンジンからの評価に影響を与える重要な要素です。

サイト構造が最適化されていないWEBサイトは、どのコンテンツがどこに存在しているのかわからず、情報を探すのに時間がかかってしまいますよね。

ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを、わかりやすく整理された構造で提供することにより、検索エンジンから評価されやすくなります。

検索エンジンの評価基準

検索で上位に上げるためには検索エンジンに良い評価をしてもらうことが必要不可欠です。

検索エンジンの評価は主に以下のことを基準にしていると言われています。

  • コンテンツの質
  • 内部リンク
  • 外部リンク
  • テクニカルSEO

このテクニカルSEOとは、検索エンジンにコンテンツを正しく認識してもらうための技術的な施策のことです。

テクニカルSEOは高速化対策やモバイル対応、セキュリティ対策のほかにサイト構造の整理も含んでいます。

サイト構造の重要性

SEO対策においてサイト構造は重要な要素の一つです。サイト構造が適切に設計されていれば、ユーザーが求めている情報を効率的に見つけることができ、検索エンジンからの評価も向上します。

検索エンジンはサイト構造を評価する際に特に以下の点を考慮していると言われています。

  • ユーザーニーズを満たす構造であるか
  • コンテンツの質が高いか
  • 階層が複雑で難解ではないか
  • 内部リンクが効果的に活用されているか

次の章で具体的にそのポイントを見ていきましょう!

SEOを意識したサイト構造のポイント

ユーザーニーズを満たす構造にする

ユーザーの検索意図を汲み取り、そのニーズを満たすように設計する必要があります。

そのサイトでユーザーが知りたい情報をわかりやすく見つけられる構造にすることでユーザーの満足度を向上させることができます。

ワイヤーフレームを作成する段階でもコンテンツの順序や見せ方がユーザーのニーズに沿うように工夫することが大切です。

コンテンツの質を高める

コンテンツの質・満足度を高めることも検索エンジンに評価してもらうためにとても重要です。

特にサイト内でブログやコラムのメディアを発信することをお考えの方は特にこの点に注意しましょう。

適切なキーワード、読みやすい構成、わかりやすい表現、正確な情報などユーザーが必要としている情報をわかりやすく正確に伝えることが検索エンジンの評価にも関わってきます。

コンテンツSEOについて詳しく知りたい方はこちら↓

https://noveltyinc.jp/column/keyword_selection_point/

階層を複雑にしない

一般的なサイト構造はツリー状で設計されています。

トップページを第1階層として、大カテゴリを第2階層、中カテゴリを第3階層のようにツリー状の構造にしユーザーが情報を探しやすいようにしているのです。

GoogleもSEOスターターガイドにて「わかりやすい階層を作成する」ことを推奨しています。複雑で難解な階層構造にしないように注意が必要です。

サイト制作に入る前にサイトマップを作成し、サイト構造を整理することが効果的です。

サイトマップとは

サイトマップとは、サイト内のページを階層構造で整理したものです。サイトマップを作成することで、サイト全体の構造を俯瞰的に把握することができます。

内部リンクを効果的に活用する

内部リンクとは、同じサイト内のページ同士をつなぐリンクのことです。

内部リンクを効果的に活用することで、サイト内のページが相互に関連付けられ、検索エンジンからの評価も向上します。

SEOを意識したサイト構造の注意点

キーワード調査や競合サイトの分析を行う

サイトマップの作成にいきなり入る前に、キーワードの調査や競合サイトの分析を行うことが大切です。

下調べなく、構造を作ってしまうと独りよがりなサイトになってしまいます。

その前にサイトの目的、ユーザーを明確にし、ユーザーがサイトにアクセスするきっかけになるキーワードを調査します。ユーザーの検索意図をより具体的に把握することが大切です。

また、構造を考えるにあたり、競合のサイトはどのような構造になっているのか分析し、近しいターゲットユーザーのニーズを把握するようにすることも大切です。

サイト構造を定期的に改善する

サイト構造は、サイトの規模やコンテンツの量が増えるにつれて、改善していく必要があります。

特に規模が大きいサイトや更新頻度の高いサイトは注意が必要になるので、プロに保守を依頼し定期的に改善することをおすすめします。

まとめ

サイト構造は検索エンジンの重要な評価基準であり、最適化されたサイト構造にすることによって、検索上位にあがりやすくなる仕組みがお分かりいただけたでしょうか。

ただサイトを作るのではなく、ターゲットユーザーが満足できるサイトにし、サイトの目的を達成するためにサイト構造はとても重要です。

ノベルティはSEOを意識したサイト制作を得意としています。コラムなどのメディアのサポートも手厚く行っておりますのでお困りの際はぜひお問い合わせください。

この記事をシェアする
久下まなみ

久下まなみ

Marketer,Designer

見やすく使いやすいサイトを作れるようになりたい!と思い大学広報からWebデザイナーに転身。 ノベルティではマーケティングとデザインを兼業しています。 休日はフッ軽に旅行やカフェや美術館に出かけています。 いつかパリのディズニーに行くのが夢。

Webプロモーション・業務改善は
ノベルティひとつで完結

はじめての依頼にも
全力でサポートさせていただきます

メールでのお問い合わせ

おすすめ記事/ PICKUP

    記事カテゴリー/ CATEGORY

      Webプロモーションや業務改善・DX化

      企業の課題はノベルティひとつで完結

      ホームページ制作などのWeb制作をはじめ、
      システム開発やマーケティング支援などワンストップで対応
      まずはお気軽にお問い合わせください

      お問い合わせ

      お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。