ノベルティメディア

MEDIA

【突撃!社員を丸裸企画】新メンバー!デザイナー兼本の色々な一面

【突撃!社員を丸裸企画】新メンバー!デザイナー兼本の色々な一面
なかむら はな
【突撃!社員を丸裸企画】新メンバー!デザイナー兼本の色々な一面

こんにちは!
千葉県船橋市のWEB制作会社 ノベルティのなかむらです。

2023年初の「突撃!社員を丸裸企画」でございます!お久しぶりでございます。待ち望んでいた方も初めましての方もぜひ最後までお付き合いください。

今回は2022年9月に入社したデザイナーさんにインタビューしてみました。まだまだ謎の多い兼本さんの裏の顔を暴いていきたいと思います!

デザイナー兼本のプロフィールを知る

※兼本さん 保育園の先生時代の写真

な:まずは、自己紹介をお願いします!

兼本:新人デザイナーの兼本康平です。山口県出身で、大学は長崎県の大学に行きました。大学卒業後上京し、今年でちょうど10年になりました。お茶、うどん、盆栽など和なものが好きです!

な:山口出身なんですね。兼本さんは前職はどんなことをしていたんですか?

兼本:都内の保育園で「保育士」をしていました。主に0~2歳児クラスの担任を任されることが多く、イヤイヤ期を迎えたお子さんたちと悪戦苦闘する日々を送っていました笑

な:日々色々なことがあったと思いますが、その中でも特に印象に残っている出来事ってありますか?

兼本:1歳児クラスで食後すぐに昼寝という流れになっていたのですが、子どもたちは体力がついて来るとすぐに寝ないんです!それでやんちゃな男の子が、寝室に行くとにやにやしながらふざけてカーテンに隠れだす。それを他の子どもたちが見て、すでに横になっていた子どもまで起き上がってみんなでカーテンに隠れて「寝ないぞ!」ってストライキを起こす(笑)今でこそ笑えますが、その時は必死でしたね(´;ω;`)

な:先生は大変そうですが、想像するとちょっと可愛い光景ですね。そんな兼本さんが全く異なるデザイナーという道を選んだキッカケはなんだったんでしょうか?

兼本:ずっと保育士を続けていくというビジョンが持てなかったことと、昔からクリエイティブなことが好きだったというのが理由ですね。デザインに関しては大学時代からサークルのポスターであったり、ホームページも自作したことがありました。

根っからのクリエイター兼本の私生活

※兼本画伯作 題材場所「江の島」

な:兼本さんはクリエイティブな趣味が多いですよね。幼い頃から好きだったんですか?

兼本:作ることは好きではあったんですけど、のめり込むほど何か作っていたということはないんです。ただ、景色を見ることが好きで、特に車窓から景色を眺めることがとりわけ好きでしたね。

な:普段はどんな絵をどんな所で書いているんですか?

兼本:どこかに出かけた時に、これいい!と思った景色を写真におさめ、家に帰ってから写真を参考に描いたりします。今までは水彩絵具を使っていましたが、最近はデジタルで描くことにも挑戦中です!

な:絵を書くことを職業にしたい!と思ったことはないんですか?

兼本:ありますよ。もともとジブリ作品の背景を描きたいと思っていた時期もあり、そのために専門学校にも行きました。結局途中で教育分野に目が開かれたので行きませんでしたが、今は趣味で自分の好きな絵が描けるので満足しています!

な:ちなみに趣味以外は私生活が謎の兼本さんですが、普段はどんなことをしたりしているか教えてください。

兼本:散歩が好きで、気分転換にあちこち歩きまわっています(笑)あと銭湯も好きで、友だちとも一人でもよく行きます。温泉もいいですが、特に東京近辺の昔からの銭湯文化に惹かれます!

な:すごく兼本さんっぽいですね。

No うどん No LIFE?

※うどん屋「まがり」のうどん

な:兼本さんはうどん好きとノベルティで話題ですが本当ですか?

兼本:うどんは好きですが、今のブームみたいなものだと思います(笑)今まで食べて一番幸福感が得られたのは不動のクリームシチューでした!が、最近はここにうどんが入りつつあります。

な:全く違う系統の料理ですね(笑)兼本さんお気に入りのうどん屋さんやこだわりの麺などはありますか?

兼本:東京大塚にある「まがり」といううどん屋さんが好きです。ここは筑紫うどんで九州のうどんなのですが、柔らかい”きし麵”が好きな人にはかなりおススメです!

な:う、美味しそう・・・。船橋で美味しいうどん屋さん、もしくはこれから行ってみたいうどん屋さんがあれば教えてください。

兼本:まだ知らないんですよね。実は私、うどんは好きですが硬いうどんは苦手なんです(笑)やわらかい麺のうどん屋さんがあれば教えていただきたいです!

な:気になるうどん屋さんがあれば声かけますね!兼本さんこだわりのうどんの食べ方があると聞きました。

兼本:こだわりでも何でもないですが、前日に中華などの油濃いものを食べた後は、うどんで中和するという作業をしています。

な:なるほど。(それって翌日に食べて意味があるのだろうか・・・。)

これから目指すデザイナー像

な:兼本さんが入社して5カ月が経過しましたが、お仕事や社内の雰囲気はどうですか?

兼本:いい意味で楽な気持ちで働かせていただけていることに感謝しています。前職は常に気を張る職場だったので人目を気にして委縮してしまうこともあったんですけど、ノベルティは社内の雰囲気がいいので居心地がよいです!

な:いろいろなテイストのアイキャッチ作成やサイトデザインを任されていますが、スクールと実際の業務でのギャップはありますか?

兼本:時間感覚ですかね。スクールではかなりゆとりを持って取り組めたのですが、実際の業務ではしっかりと早さが求められるためそこは結構なギャップでした。

な:確かに実務では時間感覚は重要ですよね。入社後、特に苦労したことや悩んだことがあれば教えてください。

兼本:デザインの技術というよりは、ターゲットに合わせたデザインをしたり、写真の選定をするといった根本的な部分が難しかったです。

な:入社後に比べ少しずつ幅も広がってきたと思いますが、今後やりたいことや挑戦してみたいことはありますか?

兼本:とにかく成果が出るデザインをしてこそ、webデザイナーを名乗れると思っているので、今後案件に携わり成果が出るデザインの提案ができるようになりたいです!

な:いいですね!兼本さんが目指すデザイナー像や今後の目標を教えて下さい。

兼本:デザインの引き出しを増やして増やして、早く一人前になるというのが当面の目標ですね。ひたすら柔軟性を大事にして、スポンジのようにたくさん吸収していきたいです!

な:最後に一言お願いします!

兼本:今デザイナーを目指している方は是非諦めないでほしいなと思います。なることは簡単ではないですし、なってからも大変なことはありますが、頑張っていれば目指して良かったと思う瞬間は必ず来ますよ!

な:ありがとうございました。

クリエイティブ好きな和風男子

インタビューに答えていただいた兼本さん、ありがとうございました!改めて兼本さんの色々な一面を知ることが出来たので楽しいインタビューとなりました。

保育士から一転、デザイナーへと転身した兼本さん。一見穏やかそうに見えますが、クリエイティブなことになると”燃える”そんな方です。写真や描画、盆栽と趣味もクリエイティブ。

背景美術を勉強していた兼本さんだからこそ作り出せるデザインは、デザイナーとしての強みへと繋がっていることでしょう。

株式会社ノベルティはお客様に常に寄り添い、企業の課題に挑み続けるWEB制作会社です。ノベルティなら企業の課題解決、目標達成を様々なWebサービスでサポートが可能です。お気軽にご相談ください。

それでは、次回の丸裸企画でお会いしましょう。

この記事をシェアする
なかむら はな

なかむら はな

PublicRelations

事務のお姉さんをしながら行っていた広報活動で広報の楽しさに目覚め、ノベルティの広報さんへ異業種転身。 東リべのマイキーとにゃんこ2匹をこよなく愛しています。 「ノベルティの広報はなさん」として和久井先生に認知されるのが目標です☆

Webプロモーション・業務改善は
ノベルティひとつで完結

はじめての依頼にも
全力でサポートさせていただきます

メールでのお問い合わせ

おすすめ記事/ PICKUP

    記事カテゴリー/ CATEGORY

      Webプロモーションや業務改善・DX化

      企業の課題はノベルティひとつで完結

      ホームページ制作などのWeb制作をはじめ、
      システム開発やマーケティング支援などワンストップで対応
      まずはお気軽にお問い合わせください

      お問い合わせ

      お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。