皆様こんにちは。
2022年もあっという間にもう2月。
そんなこんなで、今日も隠れて裏ブログを書こうと思います。

※※※これは「社長の裏ブログ」です※※※
社員にバレるまで好き放題更新中。
個性爆発ノベルティの公式ブログはこちら→https://noveltyinc.co.jp/blog

気がつけば20年

WEBを生業にして早12年。
趣味の制作期間を含めれば20年近くの間この世界にいることとなります。

20年前はやっと一般家庭にパソコンやネット環境が浸透し始めた頃。
まだガラケーの時代ですね。
当時は趣味でWEB制作に興味を持ち、どのような方法でこのバーチャル空間が出来上がっているのかと、当時まだ高校生だった私は研究者のような気持ちでひたすら解析や構築を繰り返していました。

その後、2008年頃から大手キャリアがスマートフォンの販売を本格的に開始しWEBは大きく進化を始め、あっという間にWEB市場は超拡大。
今に至るまで猛スピードで様々な技術やツールが誕生しては消えてを繰り返してきました。

それはWEB制作会社も同じ。

2010年頃のWEB業界

私が本格的にWEBに足を踏み入れた2010年頃、WEB制作会社はホームページを作る会社、というところが主流でした。ううん、わかりにくいですね。
いざ「ホームページで集客をしたいです」というと広告代理店やインフラ系、ネットワーク系の会社でサーバーを借り、WEB制作会社にホームページ制作を依頼し、SEO会社でSEO対策、コンサルティングで社内のIT施策をブラッシュアップ、など様々な分野の専門家をそれぞれにアサインするのが主流でした。

つまり、この頃のWEB制作会社は「ホームページを作ることを目的とした会社」というのが主流。
作ったホームページを使った集客や販促の部分、いわゆるマーケティングのフェーズは別の会社が担う場合が多く、
WEB制作会社はいかにして良いサイトを作るか、という部分に集中して技術を提供していました。

WEB変革期真っ只中の2016年

時代は流れ、ノベルティを創業した2016年頃にはこの構図も変化を見せており、レンタルサーバーは誰でも簡単に借りられるようになり、スマートフォンでの情報収集も一般化。
WEBに情報が溢れかえる中、大きく変化したのがSEO対策の常識です。

一昔前のSEO対策といえば、意味のないページを量産してとにかくページ数を稼いだり、ドメインパワーの強いサイトに相互リンクを貼りまくったり、似たようなサイトを複製して上位を独占、なんていう今では考えられないような荒技が曲がり通っていた時代。こわ。
要するに、SEO対策の業者にお金を多く払えば上位に表示される、といった摩訶不思議ロジックで検索エンジンの情報が乱立していたのです。こわ。

一変したSEO事情

でもGoog○eさんも馬鹿じゃありません。
優良な検索エンジンとして世界シェアを占めるには優良な情報が効率よく手に入る場所でなければいけません。
悪質なサイトや間違った情報を精査し、WEBユーザーにとって本当に役に立つ情報をより上位に表示させるよう、日々アルゴリズムのアップデートを繰り返しています。

ここで真っ先に消えていったのが荒技SEO業者の皆様。
企業のサイトを上位表示させるためには見せかけの対策ではなく、WEBサイトの構造から見直し、丁寧な分析と戦略のもと様々な施策をコツコツコツコツコツコツやらなくてはいけなくなったのです。
さらに、爆速化したアルゴリズムアップデートも漏れなく対策し、新しい情報や技術を取り入れ続けなくては生き残れなくなったのです。

しかし、「ホームページで集客をしたいです」というニーズは増える一方。WEBサイトも然り。
ということは、同じように上位を狙っている競合も増え続けているということ。
狙ったキーワードで1位を獲るためには競合の先を行き続けなければいけないということになります。

超ハイブリッド令和型

そして令和の今。
結論から言うと今のWEB制作会社は超ハイブリッド型に進化しました。
と言いますか、進化できたところが生き残り成長をしたといったところです。

具体的にどう進化したのかと言いますと、WEB制作会社はホームページだけ作っていればいいのではなく、「ホームページで集客をしたいです」と言うそもそもの課題をクリアするためのあらゆる技術やノウハウを提供するマーケティング会社になったのです。

企業の課題を洗い出し、目標を具現化、それを叶えるまでの最短のプロセスを導き出し、必要なツールを導入。
継続的な対策のもと検証と改善を繰り返し、必要であれば人材の育成も行う。
WEBサイトはそのプロセスの中の1ツールでしかなく、今やWEB制作会社はインフラ構築もシステム開発もコンサルティングもマーケティングも社員育成も行う超ハイブリッド令和型に進化したのです。(大袈裟)

今のノベルティはまさにこれ。
最近は動画にも力を入れています。
でもこれ最上級にコスパいいと思いませんか?
集客コストを1社にまとめることで外注コストも社内リソースも圧倒的に圧縮できます。
さらに、業者間の連携が不要なのでめちゃめちゃ無駄のないスムーズな運用が可能。最高。
生命保険とかインフラ回線の契約とかもまとめて一人の担当者に任せられるとラクですよね。
いちいち自分のことを説明しなくてもいいし、複雑な契約内容が故の無駄な重複もない。それと一緒です。

これからのWEB制作会社

実は今、WEB業界は荒れています。(個人の主観です。)
こう言う記事を書くと賛否両論あるので、理由は次の記事に書くことにしますがなかなかに荒れています。

これからのWEB制作会社は会社はさらに淘汰されて行くと予想しています。
業務形態は様々。
ノベルティのように社内完結にこだわっている会社もあれば、業務委託パートナーを駆使して回しているところもあります。
ウリもこだわりも得意分野も千差万別。
何が正しいと言うことはありませんが、一番はクライアントの目的を達成できる力を持っているかどうかということ。
良くも悪くもWEBを調べれば情報が手に入る今、その力を研ぎ澄まし選ばれる制作会社で居続けなければいけないと思います。

お客様のために言いたいことは言うノベルティの創設者。
ひらめきとそれに従う機動力には定評があります。
趣味はゴルフと美味しいものをたくさん食べること。
ドS?いいえ。
愛です、愛。

PAGE TOP