慌ただしい10月が終わり、朝夕の寒さと共に11月がやってきました。
12月を目前に一気に冬めいてきて、秋冬物がお店のディスプレイされているのを見て1年の速さを感じています。
こうして年を取っていくんですね~~悪くないなぁ。

弊社の中でも大きな変化から小さな変化まで様々なことが日々起きています。
いろいろあってもそれをまた経験にして積み上げていければいいな、と思う次第です。

さて、前置きはここまでで!
本日はiPad版Photoshopがリリースされたということについてお話させていただきたいと思っております。

昨年の10月にAdobeはPhotoshop(フォトショップ)をiPad向けにリリースすると発表していました。
2019年リリース予定といっていたので予定通りにリリースされたんですね!
iPad向けPhotoshop(フォトショップ)は30日間の無料トライアルが用意されており、トライアル期間が終了すると月額1080円、またはクリエイティブクラウドに加入しているとその対象で使用することが可能です。

さて、Adobeについてのご紹介はこちらを参照いただくとしまして
Adobe Fresco(アドビ フレスコ)がアツいという話
今回はPC版の従来のPhotoshopと今回新たにiPadで使用しやすくするために改良されリリースされたiPad版Photoshopの違いを比較します。


Photoshop(フォトショップ)はどういう用途で使われるもの?


Photoshop(フォトショップ)は世界で一番有名な画像編集ソフトです。
主に、写真の加工…色味の調整や合成などに用いられていますが、美しいグラフィックやイラストをこのソフトで作成する方も。
先日ご紹介したフレスコとは違い、文字入れなども可能なため、チラシやバナー作成等の作業もソフト1つで完結させることも可能です。
弊社はその用途で使用しませんが制作会社によってはフォトショップでホームページデザインを作る会社も。

他のAdobeソフトに馴染みがなくてもPhotoshop(フォトショップ)は使ったことがある、または知ってるという方も少なくないような気がします◎

略称として「フォトショ」と呼ばれることもあります。
弊社で一番多く使われる場面はずばり…会社の外観写真!!!

お客様のサイトを作成させていただく際、サイトの素材として使用する写真をカメラマンを入れて撮影する場面が度々あります。
お客様のスケジュールを確認し、撮影の許可を取り、カメラマンの手配をし、いざっ撮影…!

千葉県福祉援護会様:ローゼンヴィラ藤原2号館
だがしかし写真を撮る際に”どうしようもできない”ことがあります。

  • お天気
  • こればかりはどうしようもありません。神のみぞ知る…
    流石に雨の日は撮影ができないため弊社では予備日を毎回もうけさせて頂いていますが、曇りはもちろん決行します。
    背景が真っ白ですね…!

  • 電柱&電線
  • 個人的に画像加工の一番の敵、電線。
    窓にも壁にも容赦なく被る奴らをPhotoshopで亡き者に…☆
    難易度は電線の背景の外壁がレンガ調なのかコンクリ調なのかによって大きく変わってきます。

  • こちらはないとラッキーと思うくらいの難易度です。
    お客様がわざわざ車を動かしてくださり、協力していただくことも多いのですが、
    車によっては一時的にそこに停まっているだけの配達の車などもある為そういうものはPhotoshopで亡き者に…☆

Photoshop(フォトショップ)で加工と合成を施した結果…
なんということでしょう!

千葉県福祉援護会様:ローゼンヴィラ藤原2号館
上記4ポイントはすべて解消され、そこには何事もなかったかのように存在する建物!
ここ、ほめるところです!はーい、せーのっすごーい★

ここまで加工してしまえばサイトのメインイメージから、パンフレットまでなーんでも使えちゃいますよ♪
弊社ではカメラマンの撮影画像の加工前、加工後のデータはすべてお客様にお渡しいたしますので、その後お好きに使っていただけますよぉ~


iPad版とデスクトップ版どう違う?



編集画面の雰囲気などは新しくリリースされたiPad版は従来のデスクトップ版に似ています。

iPad版ならではなのは「ジェスチャー操作」


PCでの作業の場合、一般的にはマウスを使用しての作業になります。
ペンタブレットを購入し、外付けで使用することもありますが
iPad版では画面に手とapplepencilで直接触れて作業することになるため、デスクトップ版よりもより直感的な画像加工がすることが可能になります。
今までのペンタブレットが少し苦手に感じていた人でも、画面に直接触れて作業できることで使用感は段違いによくなるため作業効率はアップすること間違いなしですよね◎

機能は少し違う

Photoshop iPad版はデスクトップ版Photoshopの全機能を使用できるわけではないんです!
現時点では、アドビ自身が想定したすべての機能を搭載したわけではなく、
「カンバスと回転」「シェイプとパス」「独自のブラシを使用」「カーブを調整」「スマートオブジェクト」といった機能は搭載されていない。
今後実装を予定しており、順次バージョンアップによって機能強化をしていくことを予定しているそうです。

なので基本的にデスクトップ版と併用で使うことが想定されているものなため、
プランとしては1種だけ契約するよりクリエイティブクラウドに加入して、併用でデスクトップ版で補うのがベストかもしれないですね!

弊社では継続してデスクトップ版をPCで使用していきますが、
iPad版のillustratorまで出てきたらいよいよiPad導入も考えたいところ…!

上記で紹介した写真の加工等も得意ですので、ぜひサイト作りの際にお任せください☆

PAGE TOP