こんにちは。
株式会社ノベルティの安齋です。

さて、今回は前回のレスポンシブの記事でチラッとご紹介した「SEO(エスイーオー)」についてお教えいたします◎
弊社に転職してくる前はECサイト運営に携わっていた私には「SEO」はあまり縁のない言葉でした。
ECサイトにはそのECごとに細かく決められたルールがあり、その条件がどれだけ満たすことが出来ているかやTOPに表示させるためにどれだけのお金を払えるかが検索結果に反映されていました。
しかし一般的なWEBサイトやモール形式でないECサイトはGoogleやYahoo!での検索結果が、HPをどれだけの人が見てくれるかに大きく影響します。
もちろん検索サイトでもお金を払って広告を出すことは可能ですが、広告を出したからと言って必ず観覧数が伸びるかと言えばそうではないしまずお金がかかってしまうという点であまりベターではないですよね。
そこでできるのがSEO対策!

SEOとは?


SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉。
検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。
サーチエンジン最適化ないし検索エンジン対策とも呼ばれ、ウェブポジショニングと同義である。サーチエンジンマーケティングとあわせて用いられることも多い。
英語表記のSEOから「セオ」とも呼ばれる。 SEOという言葉は順位を上げることを指しているのではなく、検索エンジンがサイトを理解して適切な結果を反映させていくことを指している。

順位決定には独自の計算式(アルゴリズム)が用いられている。

2018年には日本でのYahoo! JAPANとGoogleの利用者数は6,600万人を超えているといわれています。
さらに検索ツール利用者の多くは「検索結果の上位に表示される企業はメジャーである」と考える傾向にあるということが明らかになっています。
つまり…SEOを制する者は検索ツールを制する!!といっても過言ではないのです。
あなたのサイトの「戦闘力」を高める、ようなものです。(たぶん)

HPの観覧数の中からその一握りの人が問い合わせをし、さらにその中からどれだけ利益に結び付くか…そこを考えていくと分母である観覧数は多ければ多いほうがいいですよね?
SEO施策をバッチリとして、より多くの人に見てもらえるサイト作りをしましょう♪

PAGE TOP