近年話題になっている「映え」
有名なのは「Instagram」で写真を投稿した際に見栄えが良いことを「インスタ映え」と言いますよね。
インスタグラムでは、投稿した写真を見た人は、その人の写真を気に入ると「いいね」のハートのボタンを押します。
そのいいね、つまりハートがたくさん付くような写真は、SNS上で受けがいい、評価が高い写真となります。
そういう写真をSNS映えする写真・インスタ映えする写真と呼んでいます。
最近では、インスタ上で注目を集めたスポットへ多くの若者が訪れ、撮影をしてインスタ上に投稿するというムーブメントも生まれています。

写真そのものだけでなく、その写真の場所へ自分が足を運んだという行動やそのエピソード、その投稿に含まれるハッシュタグ全部をひっくるめて出来上がるのが「インスタ映え」ですが、
表現が独り歩きし、フォトジェニック(写真写りの良い)を意味して使われることも多くなってきています。

「インスタ映え」という言葉が流行語大賞に選ばれたのって2017年なんですって!
私は2017年というのにびっくりして時の流れを感じました。
そう考えると世間は長い間「インスタ映え」の虜になっているのが分かりますね。

確かにSNS映えする写真・インスタ映えする写真は若いものだけのもので自分には関係ないと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。
でも「きれいな写真」「おしゃれな写真」は老若男女嫌いな人はあまりいませんよね。
例えば宿泊する旅館を探していたとして、同じような価格で同じような立地のものがいくつかあり、その中から一つを選ばなくてはいけない場合、あなたが見るポイントはどこですか?
・口コミ
・写真
・旅館のウリ
とかではありませんか?

宿泊する全員が口コミを書くわけではありませんが、口コミが一定数ついていればそれだけの人が利用したのだという安心感があります。
さらに口コミの内容を見るとその旅館についてお客さんがコメントしているものを見ることが出来、旅館のサービスなどを知る参考になります。
あらかじめ写真をたくさん見ることが出来れば実際に宿泊する前に大体の雰囲気が掴めますよね。
さらにその旅館ならではのウリ、ご飯が豪華だとか全室に露天風呂が付いているとか部屋の眺望がすばらしいなどの他の旅館にも引けを取らない魅力を知ることが出来れば自分の探している条件との兼ね合いも見えてきます。

このように情報の多さはユーザーに安心感を与えます。
これは例に出した旅館に限らず、ユーザーにサービスを提供する側すべてに共通するものです。
情報量が少ないと人は不安になってしまう。
特にお金を出してそのサービスを受けるなら、尚更失敗はしたくない!
サービスの説得力を持たせるために「映える写真」は絶大な効果を発揮するんです。

近年では写真素材サイトの質も向上し、写真素材でもおしゃれでかっこいい仕上がりになるようなクオリティの高い写真が増えてきました。
もちろん素材で賄うことも可能ですが、せっかくサイトを作るのなら素敵な写真を撮って使うことも選択肢に入れておくことをおススメします!

弊社のホームページ制作では写真撮影のオプションを付けることもできますので、せっかくの機会プロのカメラマンにステキな写真を撮ってもらいませんか?
人物や建物、食べ物など写真の分野に合ったカメラマンをご紹介いたしますので、ぜひご相談ください。
目指せ「映える」サイト!

安齋

PAGE TOP