総合マーケティング

MEO対策SEO対策SNSマーケティングWebサイト最適化コンテンツマーケティング

MEO対策

MEO対策とは、 Googleの検索エンジンで、例えば「船橋 イタリアン」と検索すると地図と数件の店舗情報が検索結果の上に表示されます。
それは、Googleマップ上にも表示される情報で、地図情報から実店舗の場所が把握できるツールです。きちんとした対策を取れば、ブラウザからの検索だけでなく、マップ上からの検索でも、誰でも簡単に実店舗や会社のプロモーションが可能になります。
このGoogleマップ上で上位表示させるために最適化する事をMEO(ローカル SEO )と呼びまず。
実店舗や会社を持つ方であれば所定のキーワードで上位を獲得しておきたいツールになります。

より早く、長期的に上位に表示され続けるために最適な対策を行っていきます。

初期構築による内部施策と中長期的なSEO対策

検索エンジンからの集客というと、真っ先に思い浮かぶのがSEO(検索エンジン最適化)です。
SEO業者に頼まずに、自力で上位表示ができれば、大幅なコスト削減につながります。

現在、最近の検索エンジンは、内部対策を重視するようになっています。
Webサイト構築の時点で、コンテンツ内容や構造そのものがSEOを意識したものになっているかどうか、サイトの構造そのものが評価の対象となってきます。
SEO対策のスタートは、まずサイト運用の基盤となる初期の内部構築に力を入れ、売上に結び付くキーワードの調査・収集からWebサイトへの内部対策、必要に応じて外部対策を実施していきます。

但し、SEOという手段が全てのWebサイトで有効に機能するかというと、難しい場合も少なくありません。
そもそも商材的に検索エンジンマーケティングが合わないという場合を除くと、SEOが難しい理由のほとんどが、Webサイトでのコンテンツ量が少ないということです。

その場合は、コンテンツ量を増やしていくということをコツコツと実施していくしかありません。人気のキーワードで上位表示するには、数百または数千ページの情報ボリュームが必要になってきます。
以前は外部リンクを購入するなどして強引に上位表示する例もありましたが、検索エンジン側もWebサイトそのものの質を重視するようになって来ていて、リンク張りのSEO対策は逆効果になってしまいます。

コンテンツ量を効果的かつ簡単に増やせる手段は「ブログ」や「新着記事」の更新です。
このコツコツ積み上げていく作業を自社内でまかない、コストを抑えられるよう、WordpressなどのCMS導入による更新作業の軽量化がおすすめです。

SNSマーケティング

ホームページやブログなどのオウンドメディアと同時に運用すると効果的なSNS。
様々なSNSが普及し多くのユーザーに利用されていますが、マーケティングに活かすには、それぞれの特性をうまく利用した活用方法があります。
やるからには、より多くのユーザーに情報を届け、拡散を誘導し、アクションを起こしてもらう事が目標です。

フォロワー獲得からお問い合わせの増加まで、各ステップを完全に網羅した施策で、各SNSに対応したマーケティングが可能です。
何から始めたらいいかわからない、そんなときには是非ご相談ください。

Webサイトの最適化で顧客獲得率を向上

いくら検索エンジンからの来訪者が増えても、Webサイトの内容が充実していなくては問い合わせにはつながりません。
せっかくWebサイトへの集客にコストをかけても、離脱率が高いサイトでは意味がないのです。

すでにWEBサイトを持っている場合、持っていない場合に関らず、次の3つを意識しながら、徹底した作りこみを行っていきます。

  • 集客キーワードを意識したコンテンツを作る
  • 比較検討されるWebサイトよりも明らかに良いWebサイトにする
  • お客様が資料請求やお問い合わせ等の行動をスムーズに行える導線を作る
Copyright 2018 千葉県船橋市のホームページ制作・マーケティングの株式会社ノベルティ