コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
コンテンツマーケティングとは、以下のように定義されています。

「コンテンツマーケティングとは、有益で説得力のあるコンテンツを制作・配信することによって、ターゲット・オーディエンスを引き寄せ、獲得し、エンゲージメントをつくり出すためのマーケティングおよびビジネス手法を指す。 その目的は、収益につながる顧客の行動の促進である」

つまり、オウンドメディアを活用した効果的なコンテンツ配信で、自社サービスを潜在顧客に見つけてもらうための手法、といったところでしょうか。
現在は一般企業や個人店舗でも複数のオウンドメディアを運営しており、自社内で運営を行っているところも少なくありません。
では、そのオウンドメディアはどれだけのコンバージョンを上げているでしょうか?

Googleは良質なコンテンツを評価する時代に

昔ベターだったSEO対策や少々荒っぽいWEB施策が主流だった時代が終わり、検索エンジンの主を担うGoogleがコンテンツの質を最重要視する時代になりました。
この傾向は2013年8月30日の改良を皮切りに、現在に至るまでの様々なアップデートでもその傾向が続いています。
つまり、検索順位の決定において、被リンクの質やページランクなどの外的要因の重要度が大幅に下がり、古臭い施策を打っているサイトの評価が下がってしまうようになりました。
そのため今では、最も良質なコンテンツを作っているサイトが検索エンジンの上位に表示されやすくなったのです。

人を集められるオウンドメディアでコンバーションを上げる

弊社のコンテンツマーケティングでは、ユーザーの「知りたい」欲求を120%満たすコンテンツを効果的に配信できるオウンドメディアを複数運営して、コンバージョンの飛躍的な上昇を目指していきます。
メインメディアとなるのは、「ブログ」です。
SEO施策を施したブログサイトをベースに、ユーザーが欲しい情報を欲しいタイミングで届けることが重要です。
つまり、サービスを知ってもらうための「ブログ」だからと言って「書きたいもの」を書いてはいけません。
あくまでもユーザー目線で、市場の動向を分析し、「ユーザーが欲しているもの」を書いていくのです。
それは何なのか?いつ、どんな内容を書いた方がいいのか?
そこで私たちが力を発揮するのです。

ソーシャルメディアの活用

ソーシャルメディアの登場で、良質なコンテンツが広くシェアされ瞬く間に拡散するようになりました。
日本でのFacebookユーザー数は2,000万人を超えたと言われており、ソーシャルメディアがここまで浸透したおかげで拡散の度合いが非常に大きくなりました。
これまでは成果が目に見えるようになるまでに時間がかかっていたコンテンツマーケティングの効果が短期間で得られるようになり、費用対効果が格段に上昇。
近年までは、テレビやラジオなどのメディアから発信される情報をそのまま鵜呑みにしていた人がほとんどでしょう。
そして、WEBが発達し、ソーシャルメディアが浸透し、様々な情報が氾濫するようになると、ユーザーはどの情報を信じるかを自分自身で選ぶ必要が出てきました。
その結果、ユーザーの中で、良質なコンテンツに対する意識と飢えが芽生えてきて、ユーザニーズを満たす良質なコンテンツは、それだけでユーザーにも評価されるようになった。

コンテンツマーケティングは、オウンドメディアとソーシャルメディアの
相乗的な活用による良質なコンテンツ配信がポイント
私たちは、豊富な経験と積み重ねたノウハウで
そのすべてを徹底的にサポートいたします
Copyright 2017 千葉県船橋市のホームページ制作・マーケティングの株式会社ノベルティ