コンテンツマーケティングとは?1-1

コンテンツマーケティングってなに?

コンテンツマーケティングとはウェブ上に有益なコンテンツをアップし、そこから見込み顧客に繋げる一種のインバウンドマーケティングです。

詳細はこちらのページに書いています↓
http://noveltyinc.jp/service/cm/

まず、WEBを使って集客を使用としたとき、皆さんはリスティング広告を出したり、ランディングページをたくさん作ったりしているでしょうか。

リスティング広告のコンバージョンが下がり、掲載料が高騰している今、このままで大丈夫なの?
3年後はどうなっているの?

と不安になっている人も多いと思います。

ほぼすべての企業が自社のホームページを持ち、ブログなどの媒体で情報発信をしている今、
この自社媒体での効果的な情報発信がキモとなります。

この、自社運営の情報配信メディアのことを「オウンドメディア」といいます。

ブログ、SNSをはじめ、専用のコラムサイトなど、様々なオウンドメディアを活用して集客・販促の仕組みを作り、ユーザーの購買意欲を誘導していくことがコンテンツマーケティングの大枠になります。

さらに、具体的な施策を立ててその事業に合った手法で確実に結果を出すプランを長期的に立てていきます。

コンテンツマーケティングは、今日始めて明日結果が出るものではありません。

しかし、半年後、1年後を見越したとき、大きな差が出るのです。

方法は十社十色

コンテンツマーケティングの根本的なノウハウは同じですが、立てるプランや施策の内容はそれぞれの企業によって違います。
また、コンバージョンの差や結果の出る時期も違います。

しかし、ほぼ100%の確率で全く結果の出ない企業はいません。

結果ので始める時期や数値は違うにしろ、積み重ねたものは確実に結果に直結します。

その結果を最短で得られるよう、徹底的なリサーチと的確なプラン立てが必要になります。

ノベルティのコンテンツマーケティングではこのプラン立てと土台となるオウンドメディアの構築を最重視しています。
そして、そのプランに沿った長期的な情報配信が要となるのです。

企業の規模とコンテンツマーケティングの相性

コンテンツマーケティングの利点は、低予算で作れる記事や動画を使ってコンテンツマーケティングを実施することが合理的で、最も効果的だと考えられています。

特に記事コンテンツはユーザーのニーズに沿うと同時に、SEOのキーワードに配慮したコンテンツを制作することで、規模の小さい会社でも十分に勝負可能になってきます。

そのため、記事コンテンツを起点にしてリードを獲得し、そこから営業支援ツールなどを使い、徐々に見込み顧客をコンバージョンに導いていくという手法が主流に。

事業環境の可変性という点だけをとっても、ベンチャー・中小企業にはコンテンツマーケティングは有用であると言えます。
ポイントとしては、ベンチャーや中小企業の場合、扱う商材やターゲットカスタマー、それらに関連するキーワードが変わりやすいので、スピーディーに対応することが必要にり、古い情報は必要とされないシビアな世界です。

オウンドメディアの運営にプラスして、ソーシャルリスニングを使い、TwitterなどのSNSでの話題を利用して素早くコンテンツに反映させるなど、細かい軌道修正が可能になるのも記事コンテンツを使ったマーケティング手法の特徴。

一方、大企業ではフレキシブルな体制を敷くことは通常困難となり、承認フローなどの問題から、素早く柔軟な対応を取るのは難しいケースが多くなってしまう。

大企業の場合、コンテンツマーケティングを取り入れるのであれば、承認フローやコンプライアンスの規定など、予めクリアすべき課題が存在することを念頭に置いておく必要がありますね。

つまり、コンテンツマーケティングは中小企業や商店等の承認フローがリアルタイムに動かせる企業にこそ向いていて、ごく小規模の企業でも十分に結果が見込める手法だという事になります。
大企業の場合は、スムーズな運営、承認フローのスピード感を予め見越しておけば同様に活用できるという事になります。

鮮度の高い情報を適切なタイミングで投下することが、コンテンツマーケティングの価値を最大化する最も大事なポイントです。

Copyright 2017 千葉県船橋市のホームページ制作・マーケティングの株式会社ノベルティ