レスポンシブのメリット

ご依頼の中でもほぼすべてのサイトで導入している「レスポンシブ」
ここでは、レスポンシブのメリットとデメリットをまとめてみます。

レスポンシブウェブのメリット

  • デザインが表示端末の大きさによって変えられ、読みやすい
  • デザインが変わってもコンテンツが同じ内容なので内容の修正、更新が1ファイルで済む
  • どのデバイス用のページもURLが同一になり、SEOに有利に影響
  • まとめて1サイトとして作れるため、「スマートフォンサイト」を別で作る手間がない
  • モバイルフレンドリーサイトとしてサイト自体の評価が上がる
  • レスポンシブウェブのデメリット

  • CSSのデザインが複雑で記述テクニックが必要になる
  • 表示サイズによってレイアウトが崩れる事も。それを想定したデザイン構成力が必要
  • モバイルサイトでもフルサイトを読み込むので転送データ量が重くなることがある
  • レスポンシブはメリットしかない、とは言えないものの、同じ端末によってURLが異なることもなく、使い勝手がよいデザインが多いため、大小を問わず、採用するサイトが増えています。
    たとえば、長らくスマートフォン用の専用表示がなかったアップルのサイトも、現在ではレスポンシブウェブデザインに切り替わり、スマートフォンなどの端末に最適化して変化するようになっています。

    「モバイルフレンドリー」(スマートフォン対応)ラベルの登場

    以前であれば、デメリットとメリットをてんびんにかければ、ブームに乗って必ずしもすべてのサイトをレスポンシブにするのは適切ではないと言い切れましたが、2015年4月以降は事情が変わってきました。

    もっとも大きなインパクトになったのがGoogle検索です。サイトがスマートフォン対応になっているかどうかによって、スマートフォンでの検索結果が影響を受け、検索表示順が入れ替わることになったのです。
    スマートフォン表示に適した、モバイルフレンドリーなサイトにはURLの下の行頭に「スマホ対応(英語表示はMobile Friendly)」というラベルが検索結果で表示されます。
    また、モバイルフレンドリーではないサイトは、モバイルでの検索順位が下がることがあります。

    モバイルフレンドリーの新しい基準が導入されてから数年経った現在は、その影響は限定的だとも言われていますが、今後も、サイトは順々に他デバイス対応にする必要があります。
    その際、レスポンシブは、モバイルフレンドリーサイトとしてスムーズに認定されやすく、これからの対応を考えるサイトの運営者には、有力なサイト制作手法になります。
    上に挙げたデメリットは制作会社に依頼すれば何の問題もないものです。
    どんなサイトでも、モバイル対応サイトが必須となっている今、レスポンシブは大変有効なSEO対策の一環といえるでしょうね。

    Copyright 2017 千葉県船橋市のホームページ制作・マーケティングの株式会社ノベルティ